ヴィッツレース2017 第1戦

今年から2台で出走となり、847号の(上村) は新型Vitzを操り、804号の(飯田)は、昨年参戦した131Vitzで参戦しました。

メインドライバーとして本年度からシリーズ参戦する飯田は極度の緊張から落ち着かないものの、25番グリッドを獲得し初戦としてまずまず、ファシリテイターとして飯田を指導してきた上村は19番グリッドでのスタートが決まりました。

上村は予選での成績に納得できていませんでしたが決勝スタートで勝負を決める勢いでこのレースに懸けました。
1週目に事故、2週目にリタイア車がでるなかで上村・飯田ともに、接触を避けて無事故でフィニッシュしました。

全45台の中、上村19グリッド⇒13番 飯田25グリッド⇒23番でフィニッシュ!新型の癖が掴みきれない中で上村はまずまず、シリーズ初参戦に飯田も事故なく、さらに真ん中よりも上位でフィニッシュできた事は次回につながる成果だったと思います。

次回はドライバーポイントが付く、10位以内を目指します。
【ヴィッツレース関東シリーズ第2戦】 予選:6月3日(土)、決勝:6月4日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です