Fヨコ せとちゃん【道路の冠水に注意!】

こんにちは!瀬戸山 知花です。
10月は2つの台風が日本列島に上陸しましたね
台風や大雨の際、車で走行するときに気を付けたいのが、​道路の冠水です。

皆さん、何センチぐらいまでなら、普通乗用車が通行できると思いますか??

​そして、何センチ以上は、危険なのでしょうか。

​ネッツトヨタ湘南平塚店の『ホリえもん』こと入社半年の堀江さんにお話を伺いましたよ(*^.^*)

(※一般的な普通乗用車の場合)

【0~10cm】
 走行に関し、問題はない。

【10~30cm】
 ブレーキ性能が低下し、安全な場所へ車を移動させる必要がある。

【30~50cm】
 エンジンが停止し、車から退出を図らなければならない。

【50cm~】
 車が浮き、また、パワーウィンドウが作動せず、車の中に閉じ込められてしまい、
 車とともに流され非常に危険な状態となる。

ハイブリッド車などはエンジンルームへの浸水が進むと、バッテリーのトラブルにもなります。

無理な走行は絶対にやめましょう!

その他にも、冬に近づくと車の悩みや疑問が増えますよね。

例えば『スタッドレスタイヤはいつ頃から装置したらいいのか?』とか『窓ガラスの霜を早く溶かしたい』とか。

そんなたくさんの“気になる!”を、ネッツトヨタ湘南では、無料で相談にのってくれます。

冬を迎えるその前に一度、ネッツトヨタ湘南へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です